専業主婦向けのカードローン

専業主婦の場合、以前は消費者金融でも借り入れすることが出来ましたが、消費者金融は総量規制対象となっているため、今現在利用することが出来なくなりました。借り入れ可能なところもあるにはありますが、申し込みの際に配偶者の同意書や収入証明が必要なので、実際専業主婦への貸し付けを不可能にした金融機関が多いと言えます。しかし銀行系カードローンであれば、こちらは総量規制対象外となっているので、専業主婦でも借り入れすることが出来ます。

 

銀行系カードローンの場合、先ほど述べたような配偶者の同意や収入証明は必要ありません。毎月ご家庭にしっかりとした収入があれば、利用することが出来ます。申し込みをする際、お勤め先の登録をする必要がありますが、ここは配偶者のお勤め先情報を登録することになります。審査をする上で、自宅と会社の在籍確認が必要となり、配偶者の会社へ電話をすることになりますが、営業の案内で連絡するなど、お申し込みに関わる内容は一切話さないので安心して下さい。

 

審査が通ればお金を借りることが出来ますが、はじめから限度額を高めに設定されることは無いと言えます。多くても30万円から50万円ほどになると言えるでしょう。しかし延滞も無く取引状態が良好であれば、枠の見直しも可能となりますので、まずは決められた枠内の利用をきちんとしておくことが大切です。

 

このように、専業主婦はなかなかお金の借り入れ先がないとお考えかもしれませんが、銀行系カードローンであればお申し込みは可能となります。専業主婦はご近所の目を気にされる方も多いと思いますが、銀行系カードローンであれば人に見られても銀行なので問題ありませんし、消費者金融などよりも金利が低く設定されているので安心です。

 

しかし、返済を怠ってしまうと、督促状が届いたり、自宅に電話がかかってくることもありますので、ご家族に内緒にされているのであれば、注意しておくと良いでしょう。