祖父母や親族から借りる方法

お金を借りるのは金融機関以外からでも可能です。祖母、旦那、兄弟、子供など、自分がお願いすれば審査もなしで簡単に貸して貰える事もあり得ます。

 

もちろん借りたお金は返済する義務も有りますが、金融機関の様に催促される事も無く、自分のペースで返済できると考えている人も少なくありません。特におばあちゃんなどは孫が頼んだ場合、返さなくても良いと言ってくる事もある程です。

 

しかし、身内からお金を借りる場合、確かに審査は不要ですが注意しなければならない点もあります。その一つが贈与税の課税対象となる可能性があると言うことです。

 

贈与税はその名の通り贈与したお金に対して課税されるものです。もちろん基礎控除があり、年間110万円であれば非課税です。しかしそれ以上のお金を受け取ってしまうと確定申告を行い納税しなければなりません。

 

だから、数万円のお金であれば何も問題なく借りる事は出来ますが、親から子供がお金を借りると財産の移転とみなされてしまう可能性があります。ただ絶対に身内からの借金が贈与になると言うわけではありません。贈与ではない事を証明できる書類を用意できれば、贈与税の対象から外れるからです。

 

また毎月利息を払って借用書も書いておけば、贈与とはみなされずに済む可能性もあります。

 

知り合いからお金を借りる

身近な人からお金を借りるというのは、場合によっては消費者金融に行ったりするよりも頼みやすいということもあるでしょう。

 

また、金利の面でもそのような金融機関から借りるよりも低くて済むかもしれません。最も頼みやすいのは両親かもしれませんが、それは別として友達や知人というのがまず思い浮かぶのではないでしょうか。ある程度以上に親しくないと難しいかもしれませんが、頼みやすいことは間違いないでしょう。

 

これに比べると上司や先輩、あるいは同僚といった会社の関係者というのはちょっと考えることが必要でしょう。仕事の関係者にお願いする場合、ある程度深い付き合いがあれば構わないかもしれませんが、あくまで仕事の上での付き合いの場合は嫌がられる可能性があります。

 

ましてや上司などの場合、お金は確かに持っているかもしれませんが、うちの会社の給料が低いということかと変な勘ぐりをされてしまうかもしれません。

 

また、恋人など異性に借りるというのも、ある意味では頼みやすいかもしれませんが、それが原因で仲が悪くなるということは十分に考えられます。その後の付き合いに影響を与えるかもしれないということを十分に考えた上で頼みに行く必要があるでしょう。