国からお金を借りる方法

足りない、急に必要なお金を借りる方法としてキャッシングが一番に浮かぶでしょう。手軽に利用でき審査も簡単なイメージです。しかし借金であることに変わりはなく返済にかかる率も高いのです。

 

しかし区役所や市役所などの公的機関や生協、福祉事務所、国金(日本政策金融公庫)などから借りることができることをご存知でしょうか。

 

役所関係と聞くと手続きや書類の準備で手間がかかるイメージを持つと思います。行政の融資制度はほぼ無利息に近い形で借りることができる制度が沢山用意されています。利用する目的に応じて使える制度や融資内容が変わってきます。

 

この点はキャッシングと違いますので安易にお金がないから利用すると考えるのではなく、本当に必要で自分に当てはまる制度があるか確認、役所などの窓口で相談することが大切です。

 

万が一、制度を使うことができなかった場合でも市役所、国金、生協、福祉事務所の窓口で相談し何らかの解決の道筋が開ける可能性もあります。それぞれの行政同士が連携してサポートをしている自治体も多くあり、専門家へつながることも可能です。

 

すぐにキャッシングで借りる前にこれらの行政機関を利用する方法を考えてみてはどうでしょうか。