年金生活者向けのカードローン

多くの年金受給者はその年齢から銀行や消費者金融でのカードローンやキャッシングを利用することは難しいです。なぜなら多くの金融機関でカードローンやキャッシングの申し込み年齢を20歳以上65歳未満もしくは以下にしているからです。しかし年金をもらっている方でもお金を得る方法はあります。それは年金担保融資です。

 

年金担保融資とは、現在もらっている年金を担保にすることでお金を貸してもらう方法です。年金は国家が破綻しない限り2か月に1度必ずもらえるお金です。お金を貸す側から見ると、万が一返済が滞っても2か月に1回貸主に振り込まれる年金を抑えておけば良いわけですから担保にするには十分なものと言えます。

 

そのため、年金担保はカードローンやキャッシングと異なり、年齢制限がなく原則として年金受給者ならどなたでもお金を借りることができる仕組みになっています。

 

年金担保でお金を借りるには通常のカードローンやキャッシングの申し込みと異なり用意すべきものが多数あります。まずは実際に受け取っているという証拠のために年金証書が必要ですし、いくらまで借りられるかの審査基準ともなる年間の受取額が分かる書面も必要です。

 

これらがない場合は近くの機構にいけば再発行できるので、自宅で見つからない場合はどれくらいで再発行できるのか問い合わせると良いでしょう。

 

申し込み書に押す印鑑は実印でないといけないため印鑑証明も必要です。また本人確認を兼ねて免許証もしくは保険の提示も求められます。また、借りる金額に応じた収入印紙も必要です。多くの金融機関では200円の印紙しか扱っていないことが多いため、手続きの途中で郵便局などに行くよう指示されることもあるようです。

 

また、年期担保でお金を借りるにはそれ相応の理由が必要です。ギャンブルなどに利用することはまず不可能で、自宅のリフォーム代や医療費などに使えます。領収書や見積もりの提示を求められることもあるため準備しておきましょう。"