自営業向けのカードローン

一般的に消費者金融とは会社や役所などに勤務して給料をもらっているサラリーマン向けの金融サービスです。それでも最近は自営業やフリーランスで起業・独立した方など、個人事業主として自分で経営をしている方でもお金を借りることができます。

 

個人事業主の方が無担保無保証人で融資を受ける場合、公的機関・銀行・消費者金融のいずれかを利用する方法があります。公的機関や銀行の場合は金利が低いというメリットがありますが、提出する書類の種類が多い上に審査に時間がかかるので利便性が低いというデメリットがあります。これに対して消費者金融であれば、個人事業主の方でも会社に勤務しているサラリーマンと同じように手軽にお金を借りることができます。

 

個人事業主の方が消費者金融などからお金を借りる場合には資金の用途が生活費に限られる場合と、事業資金に使っても良いという場合があります。事業資金に使用することができる場合の方が審査のハードルが高くなりますが、貸金業法の総量規制対象外で自由度が高くなるというメリットがあります。

 

個人事業主の方がお金を借りる場合には、収入を証明する公的な書類・固定電話・収入とは別に営業をしていることを証明する書類の提出・確認が求められます。収入を証明する書類とは、確定申告書・税額通知書・所得証明書などがあります。

 

一部の金融会社は、住民税額決定通知書でも収入を証明する書類として認めてもらえる場合があります。固定電話や書類を揃えるためには、個人でビジネスをする場合でも法人を設立して会社として営業を行う方が有利です。

 

個人事業主の方の場合は銀行から融資を受けるのはハードルが高いのですが、消費者金融であれば必要書類を揃えれば会社務めのサラリーマンの方と同じように手軽にカードローンを利用することができます。自営業やフリーランスで仕事をしている方で急ぎでお金を借りたい場合には、消費者金融に申し込みをすると良いでしょう。