契約・派遣向けのカードローン

契約社員や派遣の人ならカードローンやキャッシングで比較的簡単にお金を借りられます。そのためのポイントは2つ、延滞をしないこと・無理のない金額を借りることです。契約社員や派遣の人は正社員に比べると不利ですが、アルバイトに比べると一般的に有利です。フルタイムで働いているので給料も高めですし、契約期間中は正社員の人と同じくらいに解雇されにくいです。もちろんアルバイトでも高収入の人はいるので事例によります。

 

住宅ローンのような高額融資ならともかく、カードローンで無理のない金額を借りるならそれほどむずかしくありません。1つのコツは、年収にたいして無理のない金額を借りること。例えば年収が300万円なのに100万円を希望するのはやや無理がある。年収が300万円なら30万円程度にしておくのが無難です。大手企業勤務、勤続年数3年以上なら50万円までなら可能性があるかもしれません。

 

一番重要なポイントは延滞をしていないことです。同じ会社では社内のデータに残っているのでもちろんですが、別の会社でも個人信用情報が共有されています。他社のカードローンやクレジットカードで延滞をしている場合にも審査に影響します。

 

延滞を一度もしていないならば契約社員や派遣でも銀行カードローンの審査に通る可能性はあります。延滞を一度でもしているなら消費者金融が無難でしょう。大手の消費者金融なら数回の延滞があるくらいなら大目に見てくれるそうです。もちろん一度も延滞をしていないのが理想で、回数が増えるほど不利になります。何回までなら審査に通るかは会社が判断することなのでわかりませんが、3〜4回なら可能性があるのではないでしょうか。

 

契約社員や派遣の人は勤続年数も重要です。派遣で働いていても同じ派遣会社に所属しているなら勤続年数は増えていきます。3ヶ月以上あるなら可能性がありますが、理想は1年以上あることです。特に理由がないなら、なるべく派遣会社は変えないほうが信用が上がります。