外国人向けのカードローン

外国人や外国籍の人でもカードローンやキャッシングでお金を借りる方法はあるのでしょうか。それは日本人でないと無理だろうと言われる気持ちも分かるのですが、実は方法はあります。ただし条件があることも事実です。まず、観光旅行などで一時的に日本に滞在しているだけの外国人は無理です。

 

国籍が日本国籍の人、つまり帰化している必要はありませんが、在留資格を得ている必要はあります。

 

一時的に観光旅行のために日本に来ている人にお金を貸しても、そのまま返済せずに帰国されてしまえば回収は極めて困難です。

 

仮にできたとしても、そのためにかかる費用は相当なものになってしまい、金融機関として到底割に合わないことになってしまうでしょう。また、そもそも一時的に来日しているだけの人に、日本国内でお金を稼ぐ術があるとも思えません。このような理由から、一時的に滞在しているだけで在留資格のない外国人にはお金を貸してもらうことはできないのです。

 

この他の条件については基本的に日本人がカードローンやキャッシングをする場合と変わるところはありません。

 

例えば安定した収入があることやこれまでの他のカードローンの返済を遅らせたことがないといったものです。安定した収入が必要である以上は、日本の企業に就職しており給料を得ていることが必須となるでしょう。そこまでの条件を満たせば逆に貸せない理由もあまり見当たらないわけです。

 

なお、一応の注意点として、日本語の読み書きや会話がある程度支障なくできる必要はあります。これは申し込みに関係する書類の理解や記載が日本語に限られているためです。

 

全く日本人と同じくらいに流暢である必要まではありませんが、申込書を読んで日本語で記入することが難しいとか、受付の日本人が離す日本語を聞いても理解できない、契約書の内容も全く理解できないというような人はそもそも手続きを滞りなく行うことができませんから、お金を借りることもできません。