申し込みからカード発行までの流れ

カードローンを利用する際は、まずは申し込みをするところから始めます。まずは金融機関の窓口や無人契約機、さらに電話や郵送などで申し込みをします。どの方法を選ぶかはその人によっても違いますが、最短で融資を受けたいと考えているのであれば、郵送は適していません。

 

書類を送り届けるまでに時間がかかってしまうからです。さらに金融機関によっても採用している方法が違います。

 

窓口や無人契約機を利用する方法の場合は、あらかじめ必要書類を持ってその場に行かなければなりません。後は指示された通りに進めて行けば申し込みは完了します。窓口であれば分からない所を質問しながら手続きを行う事が出来、無人契約機であればだれかと顔を合わせる事無く手続きを完了させる事が可能です。

 

現在人気のある申し込み方法としてはインターネットを利用した方法があります。専用のアプリやサイトを利用する方法で、この時も名前、年収、職業などを入力する流れとなっています。

 

インターネットを利用する方法の場合は身分証明や収入証明を画像データで送る事になりますが、画像が不鮮明だと再度データを送らなければなりません。その為、手続きの完了までに時間がかかってしまうので、送信する画像は必ず鮮明な物か確認することがインターネットを利用する際の知っておくべき注意点と言えます。

 

カードローンの申し込みで用意するもの

お金を借りる時には最初に必要書類をそろえておくと手続きがスムーズです。自分の身分証明書が必須ですが、何でも良いというわけではありません。

 

免許証やパスポート、顔写真入りのマイナンバーカードがあれば顔写真がついているので1枚で本人確認ができますが、それらを持っていない場合には他の公的な書類が必要です。例えば印鑑証明や健康保険証、住基カードなど住所と名前が入っている公的な書類のうち2点以上を組み合わせることで、免許証の代わりにすることができます。

 

小額を借りる場合には身分証明書でも手続きできますが、まとまった額の融資を希望する場合には自分にどれだけ収入があるのかを示す必要があります。多くの会社では50万円以上の借り入れの場合に収入証明書が必要です。

 

源泉徴収があれば一番ですが、まだ働き始めたばかりで源泉徴収の証明がない場合には数か月分の給料明細でも審査を受けることができます。

 

自営業者の場合には確認を取るための会社の実態が分からないため、確定申告書類や所得証明書が必要になるのです。契約をしたあとに口座引き落としで返済するつもりの時には、契約する予定の銀行の通帳やキャッシュカードも用意しておきましょう。

 

お金を借りる審査のしくみ

人には様々な転機があり人生の中で訪れるチャンスを逃さないためにも予想外のタイミングで新しいことをはじめたり、大きな買い物をする人などもいます。その時に必要なお金が計画的に行っていた貯金の中で賄えれば問題はありませんが、急にお金が必要になった場合にはキャッシングローンサービスで必要なお金を可能な限り低い金利で借りる選択をする人もいるのです。

 

キャッシングローンを利用する為にはお金を借りる審査があり、審査通らない結果になれば必要なお金が借りられなくなります。会社によって審査が甘いと言われる場合もあり、自分の希望する方法で希望の金額を無理のない返済計画で返却できる会社を選ぶことが重要になるのです。

 

キャッシングの審査について問われる内容は、一番にやはり返済能力があるかどうかが確認されます。正職員だけではなくパートやアルバイトなどであっても、定期的に安定した収入があれば審査基準としては返済能力があると見なされる場合がほとんどです。

 

きちんと働いているかどうかを確認するために勤務中に在籍確認としてキャッシング会社から電話で確認を取るケースが多く、電話を望まない場合には給料明細や所得証明書などを提出する場合もあります。借入金額は希望する額が審査に通るとは限らず、収入を元に返済可能と判断された金額、金利で審査の結果が決まります。