アルバイト・フリーター向けのカードローン

カードローンやキャッシングは融資対象者が幅広く設定されており、非正規雇用の方も借入できる確率が高いです。パートやアルバイトに対応したものが多く、バイトなどのフリーターも可能と宣伝しているローンならより安心です。ローンの種類によっては属性チェックが厳しく、会社員や公務員を主なターゲットに設定しているものもあります。こうしたローンは審査が厳しくなるので、審査の通過率を上げるためには避けたほうが無難でしょう。

 

アルバイトやパートなどの方でローンを利用したいときは、借りられる確率が高いものを選んでいくのが得策です。アルバイト・パートOKという記載があれば問題ありませんが、こうした記載のないローンもあります。一般的に融資条件がよいものはハイスペックの利用者を対象にしていると考えてよいです。ここでのハイスペックとは高年収と安定性のことで、ローンによっては年収500万円以上の条件を設けているものがあります。

 

非正規の方がお金を借りるには、いかに審査を有利にしていくかがポイントです。審査基準の詳細は金融機関が公開することはなく、審査に落ちてしまっても理由は教えてくれません。そのため申込者が行える対策はすべて行った上で審査を受けるのが得策です。具体的には希望額を大きくしないこと、他社借入を減らせるなら減らすことです。希望額の大小により審査の通過率は変化してきますし、他社借入件数・金額も影響します。

 

当然ながら100%借りられるカードローンやキャッシングは存在しませんが、工夫により確率を上げることはできます。バイトなどのフリーターの方だと30万円を上限と考えておくといいでしょう。10万円〜20万円くらいに抑えておけばより借りやすくなるので、この範囲で申し込みするのがおすすめです。金額を大きくすると金額に見合った返済能力を要求されるので、借入できない可能性が高くなります。返済計画を入念に立てて、無理のない希望額で申し込みするのがおすすめです。